ローン虎の巻|四の巻

四の巻 知らなきゃ損するお支払い方式

お支払い方法を考えよう

支払方法(返済方式)

支払方法は借入期間を決定する重要な要素です。しかも自分自身できめることができるので収支のバランスをよく考えて回数を決定しましょう

分類
特徴
分割払い
(2回~)
金融機関各社により支払期間の上限はまちまちですが、自分で支払回数を決めますので、月々の返済金額を考えながら計画的に無理の無い金額を設定することが できます。できるだけ、期間を短くすることで、利息もより低くすることもできますが、利息を気にする余り、支払い期間を短くすると月々の返済が厳しくなる ケースもありますので注意が必要です。少しくらいはゆとりをもたせながら支払回数を決めるほうが無難です。 また、まとまった、お金が入ってくる予定があり、高額かつ1回払いで借入するケースでも、予定が狂うと返済が厳しくなる場合もあるので、取りあえず分割で 借入をし、あとから資金を準備出来次第、一括で返済するのも賢い利用方法です。(利息計算は借入日から一括返済日までとなり、利息負担が軽減されます。)

image01
元利均等
返済方式
毎月の返済額(元金と利息の合計返済額)が同じ金額になるように返済していく方式。住宅ローン、教育ローンなど高額のローン返済に適した返済方法のひと つ。毎回(多くは毎月)の返済額が同じであるため、長期にわたる返済計画が立てやすいことがメリット。ただし仕組み上、返済当初は利息の返済に回る割合が 大きく、元金返済に回る額が少ない。従って同じ条件で借りた場合、トータルで支払う額が少なくて済むのは「元金均等返済」の方である。基本的にローンカー ドやカードキャッシングは元利金等払いのタイプの返済方式が主流となっています。

image03
リボルビング
方式

あらかじめ利用限度額を決めておき、毎月一定の金額もしくは一定の割合で返済していく方式。限度額内であれば繰り返し何度でも融資が受けられます。リボル ビング返済には、定額リボルビング方式、定率リボルビング方式、残高スライド定額リボルビング方式、残高スライド定率リボルビング方式がありますが、現在 の主流は残高スライド定額となっていますので残高スライド定額について詳しく説明致します。 残高スライド定額の特徴は、毎月の支払金額は支払日時点の残高(借入額の合計)に応じて決定され、その支払金額は一定であるということです。 毎月の返済金額が一定であるため、支払いがしやすいのですが、繰り返し借入ができるためついつい、借入も多くなり、また、支払い回数も長くなる傾向があり ます。リボルビンク払いをするときは、リボ払いの残高を大きくしないことが賢く利用するコツです。自分自身でリボリビング払いの場合の借入限度枠はここま で!と設定しておくといいでしょう!

image02

50万円を借りて金利17.90%で36回で払った場合
元利均等払いの利息 ・・・・141,728円
元金均等払いの利息 ・・・・130,399円
3年で11,329円元金均等払いがお得になります!
※上記お利息は参考値です。

●支払額は定額がいいというタイプ ・・・・元利金等返済方式

 

 

虎の巻参へ虎の巻五へ