【加盟店様向け】特定商取引法の改正に伴う重要なお知らせ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度、社会経済情勢の変化等に対応して特定商取引における取引の公正及び購入者等の利益の保護を図るため「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律」が平成29年12月1日から施行されます。本改正に伴いまして、美容医療の一部が特定継続的役務提供契約に該当することとなりました。つきましては、改正概要と今後のショッピングクレジット取扱いに関して下記の通りご案内申し上げます。

敬具

1.特定継続的役務となる美容医療について

施術内容 施術の方法
脱毛 光の照射又は針を通じて電気を流すことによる方法
皮膚に付着しているものの除去又は皮膚の活性化 光若しくは音波の照射、薬剤の使用又は機器を用いた刺激による方法
皮膚のしわ又はたるみの症状の軽減 薬剤の使用又は糸の挿入による方法
脂肪の減少 光若しくは音波の照射、薬剤の使用又は機器を用いた刺激による方法
歯牙の漂白 歯牙の漂白剤の塗布による方法

※皮膚に付着しているもの、にきび、しみ、そばかす、ほくろ、入れ墨、その他

2.改正法施行以降のショッピングクレジット取扱いについて

平成29年12月1日以降は、現状の加盟店契約内容では前項に掲げる施術をクレジットで取扱いすることができません。お取扱の継続をご希望される場合は、業法上に定める調査手続きが必要となります。

3.補足

クレジットカードによる利用については、上記特定継続役務契約に該当せず、今まで通り取扱することが可能となっております。