ICチップを搭載したクレジットカードの発行について

201710_IC-card_pcTop

 平成30年4月以降、セキュリティー強化の為にICチップを搭載したクレジットカードを発行いたします。

IC化後はショッピングご利用の際にも「暗証番号」が必要となりますので、暗証番号が不明な場合には事前に暗証番号照会のお手続きをお願い致します。
また、IC化後は、暗証番号変更の際にICチップ内の情報変更が必要になることから、カードの再発券が必要となります。IC化後のカード再発行・再発券には発行手数料1,000円(税別)が発生致しますので、暗証番号の変更をご希望の場合はお早めにお手続きいただきますようお願いいたします。

※ICカードとは、IC(Integrated Circuit=集積回路)チップが埋め込まれたカードです。従来のカードは磁気テープに情報を記憶させていましたが、ICカードは高機能のICチップに膨大な情報を記憶させ、その情報をICカード・IC対応端末機・カード会社で相互に認証しています。そのため偽造・変造・改ざんが難しいセキュリティ機能に優れたカードとなっています。

くわしい説明はこちら⇒